成人式 2018年 日にち いつ

2018年の成人式の日にちはいつなのでしょうか!

 

クリスマスと初詣が終わると、年明けの成人式がやってきます。

 

毎年、新成人が誕生しますが、何年生まれの人が参加できるのでしょうか。

 

早生まれも含めると、参加資格が分からなくなる人も少なくないですよね。

 

今回は、2018年の成人式の日にちと参加資格を紹介していきたいと思います。

成人式2018年の日にちはいつ!?

日本の成人式は、毎年決まった日に開催されます。

 

1月の第2週の祝日である成人の日に開催されます。

 

カレンダーを見てみると、2018年の成人日は、1月8日(月)となっています!

 

ただ、市町村によって、成人の日の前後に式が催される場合もあるそうです。

 

また、成人式は、毎年大人の門出を祝う式として執り行われています。

 

昨今では、同窓会のような男女の集いとしても活用されているようです。

 

また、対象者には、11月中には、案内状(招待状)が自宅に届く仕組みとなっています。

 

2018年に新成人を迎える方は、確認してみて下さいね!

 

成人の節目となる成人式には、参加すると良いかもしれません。

 

地元の成人式に参加したい場合、市町村によっては対応可能なケースもあるようです。

 

ぜひ、各所に問い合わせしてみてくださいね!

 

せっかくなら、親しい友達と一緒に参加したいですよね!

 

成人式の由来と歴史が知りたい!行く意味ってあるの?

成人式のスーツでおしゃれに魅せるポイント4選【メンズ】!

何年生まれの人が参加できるの?

さて、2018年の成人式の参加資格を見ていきましょう。

 

実際、何年生まれの男女が参加できるのでしょうか。

 

日本は、早生まれがあるので分かりづらいですよね!

 

2018年の成人式に参加できる人は、1997年4月2日〜1998年4月1日生まれの人です!

 

年度換算すると、1997年度生まれの人ですね!

 

1997年は、消費税が5%に引き上げられた年でもありますw

 

また、地方都市によっては、社会人として働いている人も多いでしょう。

Sponsored Link




逆に、東京都内の男女は、同窓会のような雰囲気で楽しむ男女が多いようです!

 

地元友達が多い人は、参加することで良い想い出になるかもしれません。

 

また、成人式の参加割合は、総じて70%前後となっています。

 

70%と聞くと、少ないような気がします・・!

 

しかし、土日仕事の人は、参加できない場合もありますよね!

 

また、受験浪人中の人は、肩身が狭いという理由で不参加も多いそうです。

 

ただ、特別な事情がなければ、成人の節目として参加するのも良いかもしれません。

 

成人式に行かない女の理由は!?欠席する人の割合も気になる!

成人式で前撮りの髪型は編み込みとショートどっちがいいの?

まとめ

2018年の成人式と参加資格は、いかがでしたでしょうか!

 

毎年、成人式は、各地でドンチャン騒ぎが目立ちます。

 

そのため、イベント好きの人は、こぞって参加しているようです。

 

そして、女性は、綺麗に着飾れる大チャンスとなっています。

 

最近では、思い出の1つとして動画を残しておく方も多いようです。

 

参考までに、成人式の動画やインタビューを掲載しておきますね!!

 

■成人式記念撮影会 / AKB48

 

■唯月ふうか 成人式取材

 

成人の門出のイベントして参加してみてはいかがでしょうか!