GW 整形 プチ

GWは、年末年始と並ぶ長期休暇イベントの1つです!

 

そのため、整形を考える男女が多く、美容外科は混雑しやすいと言われています。

 

また、2018年のGWは、最大で9連休を取得ができる人もいるでしょう。

 

大型連休とはいえ、ダウンタイムの関係上、大掛かりな整形は難しいかもしれません。

 

そのため、プチ整形に絞って、可愛いを目指すのもアリかもしれません。

 

そこで、GW休暇を使って可愛くなれるプチ整形をまとめてみました。

GWに整形はあり!?

そもそも、GWに整形はありなのでしょうか!?

 

GW以外では、春休み・夏休み・年末年始が整形シーズンでしょう。

 

実際、上記シーズンは、美容外科が混みあいます。

 

また、外見が理由で、4月からの新年度で波に乗れない人も少なくないですよね。

 

整形で自信がつくという観点からすれば、GWでの整形はありのように感じます。

 

ただ、身体にメスを入れるとなると躊躇してしまう人がほとんどでしょう。

 

そこで、メスを使わないプチ整形を紹介していきます。

 

また、服装を一新することで、モテに近づく事もあるかもしれません。

 

GW期間のファッションは、こちらの記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

 

GWの服装はどうする!?メンズがモテるファッション4選!

GWの服装は!?東京旅行で抑えておきたいファッション3つ!

連休中に可愛くなれるプチ整形4つ

早速、GWなどの連休中に可愛くなれるプチ整形をまとめていきます。

 

GWは、1週間程度の長期休暇となっています。

 

そのため、プチ整形の中でもダウンタイムが少ないことが大前提です。

 

ダウンタイムとは、施術してから回復するまでの期間のことを指します!

 

    連休中に可愛くなれるプチ整形4つ

  • 二重術(埋没法)
  • 鼻(ヒアルロン酸)
  • 若返り(ヒアルロン酸)
  • 美肌治療関連


プレミアム再生療法

1週間で日常生活に戻れるプチ整形をまとめてみました。

 

やはり、顔の印象が変わりやすい二重術と鼻を高くする方が多いでしょう。

 

実際、埋没法と鼻を高くするヒアルロン酸注入をやったことがあります!

 

鼻は、比較的持ちが良いとされているクレヴィエルを体験しました。

 

それぞれのリアルなダウンタイムをまとめてみました。

 

    プチ整形のダウンタイム

  • 埋没法;1週間前後
  • 鼻(クレヴィエル):4日程度

 

どちらも施術した翌日は、内出血と腫れが出たように記憶しています。

 

私は、マスクやメガネでごまかせる範囲の腫れでした。

 

ただ、どちらも1週間で引く腫れなので、プチ整形としておすすめです!

 

若返りの美肌治療系は、いずれも腫れはありませんでした。

 

先日、ハイフをやってみましたが、直後に赤みが出る程度で腫れを感じることはありませんでした。

 

外見レベルを上げたい男女は、プチ整形を検討してみても良いかもしれません。

 

GWは何する!カップルでおすすめの過ごし方5選!

GWの過ごし方は何する!?1人でぼっちを乗り切る方法5選!

まとめ

GWの整形事情はいかがでしたでしょうか!

 

また、プチ整形と言えど、100%成功するわけではありません。

 

私は、幸い、いずれもメンテナンスは必要としていませんが・・

 

綿密な下調べと適切なカウンセリングがあったからこそと感じています!

 

美容外科は自由診療なので、費用に比例して仕上がりが良いわけでもありません。

 

最終的には、医師とのコミュニケーションや腕次第と感じています。

 

執刀医の経歴や腕を調べつつ、リスクも納得した上で受けることをおすすめします。

 

また、プチ整形で人生が変わったかと言えばそうでもありませんw

 

しかし、自分に自信を持てるようになり、生きやすくなったような気はしています。

 

外見が理由で自信が持てない人は、選択肢の一つとして良いかもしれません。