【サンジャポで話題】ズムキャバやオンラインキャバクラは出会いにつながる?

この記事は約3分で読めます。

出会いスポット

サンジャポで話題になりそうなズームキャバクラ、オンラインキャバクラとは

ズーム飲み会やズーム花見など話題になってきた流れもありコロナの影響で夜の街も大きな影響を受けています。

そんな中ズムキャバというオンラインキャバクラともいえるジャンルが誕生してきています。

おそらく

ズームを使ったキャバクラの略称です。

そんなズムキャバがサンジャポで放送されるとのことで話題になっていました。

 

ズムキャバのシステムは?オンラインキャバクラは高い?

例としてズムキャバの価格を見てみました。

基本料金は60分4000円で12日までは1000円引きとのことです。

他にかかる料金は

指名料
2000円
延長30分
1500円
延長指名料
1000円
となっているようです。
コンセプトとしては全国にいるキャバ嬢とズームで飲みながら楽しい時間を過ごせるとのことです。
当たり前ですが、飲み物は自前で用意するということと、女の子のドリンク代はかからないそうです。
料金的には良心的で安心して使えそうな感じですのですが、実際のお店では飲食で儲かってると思うので、女の子の取り分はそこまで高くないのかもしれませんね。

オンラインキャバクラは楽しい?

1対1で話せるというのが大きいですね。
お店ではないので自宅で接客というのも少し変わっていて面白いかもしれません。
ドレス着用と背景もキャバクラ風の店内をイメージしてるとのことなので店舗のような感じでおしゃべりできるみたいです。

オンラインキャバクラの女の子はかわいい?

まだ人数は少ないようですが、全国的に夜のお店が閉まっていますのでキャストさんは増えてきそうですね。

 

オンラインキャバクラは出会える?

全国とのことなので会うのは非常に難しいでしょうね

かわいい女の子と楽しく飲みながら話せるので自粛中の楽しみ方としては面白いかもしれません。

オンラインキャバクラで付き合うのは難しい。キレイな女性と出会うならこのアプリもおすすめ

夜のお店が営業できないことでたくさんの働いてた女性が働き口をなくして大量のきれいな女性がマッチングアプリにあふれてきています。

自粛ムードもあり学生も暇ですしね。

こういった女性がどのアプリに流れているか

こういったオンラインキャバクラも増えてきそうですが、ほかにパパ活にも流れているようです。シュガーダディが一番大手ですね。登録は無料です。昔の出会い系と違い業者は出会ったことがないです。

【SugarDaddy/シュガーダディ】公式サイトを見てみる

アプリでいうと

キレイな女性と出会うという意味では一番おすすめはマッチングアプリです。

写真はもちろんキレイな女性がたくさんいます。

 

お金を出してもよいという方ならtinderなど若者向けではなく、ハイステータス向きの

【東カレデート】公式サイトを見てみる

というマッチングアプリがおすすめです。

他のマッチングアプリと比べて圧倒的にきれいな人が多いです。いままでは母数が他のアプリが多かったのですが、最近は東カレの広告がうまいこともあり登録者が多い印象です。

【東カレデート】公式サイトを見てみる

こんな方におすすめ!

  • 美女・高収入男性と出会いたい
  • 上質でリッチな恋愛がしたい
  • 女性:見た目に自信がある
  • 男性:収入は多い方だ

他のおすすめは一覧はこちら


Omiai
美女、高収入男性多、真剣度高、マッチングスピード早め
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
peirs
ペアーズ
会員数最多、いろんなタイプと出会える、初心者におすすめ
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
ウイズ
ウイズ
真剣度低め、相性診断あり、価値観・好みの合う相手と出会える
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
ゼクシィ恋結び
ゼクシィ
恋結び
会員数少なめ、真剣度高め、結婚に繋がる恋愛向け
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
東カレデート
東カレ
デート
高収入男性・美女多、審査厳しい、遊び目的強め、登録の敷居が高い
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
ポイボーイ
poiboy
女性側が選びアプローチ、男性は待つだけ、美男美女多い、肉食女子・受身男子向け
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
CROSSME
CROSSME
すれ違いマッチングシステムで運命的な出会いあり、ラフな恋愛向け
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
タップル誕生
タップル
誕生
マッチング率高め、ゲーム感覚で趣味の合う相手を探せる
無料ダウンロードアプリ詳細を見る
dine
dine
デートに特化、お店予約代行機能あり、即デートできる
無料ダウンロードアプリ詳細を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事を書いた人




フローチャート

ページの先頭へ

×

記事を検索

×