【当日の対処法】Dine(ダイン)でドタキャンされたらキャンセル料はどうなるの?

少ないメッセージのやり取りで、手軽にご飯デートができるマッチングアプリ・Dine(ダイン)。

「Dineを利用したいけど、ドタキャンされたらどうしよう」「ドタキャンされた!どうすればいい?」と悩む人もいるのではないでしょうか?

いざデート当日にドタキャンされてしまうと、どうしたらいいのかわからなくて焦ってしまいますよね。

そこで今回は、Dineでドタキャンされたときのキャンセル料や当日の対処法などをご紹介します。

ドタキャンされないコツもまとめていますので、Dineを利用する人はぜひ参考にしてみてください!

【dine/ダイン】公式サイトを見てみる

ダインはこんな方におすすめ!

  • メッセージのやり取りが苦手、面倒くさい!
  • すぐデートしたい!
  • ハイステータスの異性と出会いたい
  • お洒落で美味しいお店でデートしたい
Dine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリ

Dine(ダイン):デートにコミットするデーティングアプリ

Mrk & Co無料

 

Dine(ダイン)でドタキャンされたらキャンセル料は請求できる?

Dine(ダイン)でデート当日にドタキャンされた場合、店側は予約のキャンセル料をユーザーに請求できます。

キャンセル料を請求できる理由やどちらがキャンセル料を払うかについて説明します。

 

Dineプロテクトの導入

現在Dine(ダイン)には「Dineプロテクト」という機能があり、予約を受けていた飲食店側はキャンセル料をユーザーに請求できます。

「やっぱり会うのやめよう」とデート当日にドタキャンする人に目を向けた運営は、ドタキャン対策として「Dineプロテクト」機能を実装したのです。

予約するときは、男女ともにクレジットカード情報の登録が必要であるため、ドタキャン防止にも繋がっています。

実際にDineを利用したことがある人による口コミでは、「Dineはドタキャンされにくい」という意見がありました。

さらに、Dineを運営する株式会社Mrk & Co によるレポートでは、「Dineプロテクト」を実装してからドタキャン率が下がったという結果を発表しています。

これまで「Dineプロテクト」未導入の店舗の直前キャンセル率が9.4%だったのに対し、導入飲食店における直前キャンセル率は4.2%という結果となりました。Dineプロテクトを導入することで、ドタキャンの数を半分以下に抑制できていることがわかります。

引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000029035.html

 

キャンセル料は誰が払うの?

予約のキャンセル料は、相手を誘ったユーザーが払います。

ドタキャンされて運営に報告したとしても、誘った側がキャンセル料を払うことは残念ながら変わらないのだとか。

Dine(ダイン)はマッチングアプリですので、ドタキャンを完全に防ぐことは難しいでしょう。

ドタキャンされる可能性があることを理解し、慎重に相手を探しましょう。

pairs

 

ドタキャンされたらどうすればいいの?当日の対処法は?

Dine(ダイン)でデート当日にドタキャンされてしまったときの対処法をご紹介します。

 

相手を通報する

デート当日にドタキャンされた場合、ドタキャンしたユーザーを通報しましょう。

通報を受けた運営は、ドタキャンしたユーザーに対して警告をし、通報2回目で強制退会させます。

やむを得ずに会えなくなった場合、メッセージで相手に連絡することがマナーです。

ドタキャンされた場合は、必ず通報しましょう。

 

Dine Tonightで当日に会える相手とマッチングする

当日にドタキャンされて予定がなくなってしまったときは、Dine Tonightで相手を探してデートに誘ってみましょう。

Dine Tonightは、その日の夜に会える人を探せる機能です。

通常のマッチングと比べて、デートまでの時間がかからないため、相手の気分も変わりにくく、ドタキャンされにくいという特徴があります。

すぐに会ってデートがしたい人にもオススメです。

 

予約した店に連絡する

予約した飲食店をキャンセルする場合、その店に連絡をしましょう。

無断で予約をキャンセルすると、店側に迷惑をかけてしまいます。

予約を受けた店は、あなたのためにすでに準備を進めているでしょう。

予約した店に迷惑をかけないように、行けなくなったら必ず店に連絡しましょう。

Dine(ダイン)で最初のメッセージを送る方法と注意すべき3つのポイント
Dine(ダイン)はサクラ・業者がいる?アプリでの見分け方や騙されない対策法を徹底解説!

 

Dine(ダイン)でドタキャンされないコツ

Dine(ダイン)でマッチングした相手のドタキャンを防ぐには、3つのコツがあります。

 

Dineプロテクトを使用できる店を選んでおく

ドタキャンを防ぐ方法として、Dineプロテクトを使用できる店を選ぶという方法があります。

先でも書きましたが、Dineプロテクト機能はキャンセル料が請求でき、ドタキャン率を下げることができます。

予約するときは、男女ともにクレジットカード情報の登録が必要です。

中にはDineプロテクトを使用できない店もありますので、飲食店を予約するときはしっかりと確認して、Dineプロテクトを使用できる店を選ぶようにしましょう。

 

マッチングからデートの日程をあけない

デートの約束を近い日程にし、マッチングからデートの日程をあけないようにしましょう。

デートの約束を遠い日程にしてしまうと、相手の気分が変わりやすくなり、キャンセル率が高まってしまいます。

マッチングしてから1週間以内を目安に、できるだけ早めにデートの約束を取り付けるように意識すると良いでしょう。

 

デート前日に確認メッセージを送る

デート前日には、相手に確認メッセージを送りましょう。

Dine(ダイン)は少ないメッセージで会えるところが魅力ですが、同時にドタキャンされやすいところもあります。

ドタキャンを防ぐためには、デート前日に確認メッセージを送ることが大切です。

デート前日になってもメッセージが来ないと、「今日のデートはキャンセルなのかな?」と不安に感じてしまう人もいます。

一言でかまいませんので、メッセージを送るようにしましょう。

マッチングアプリでドタキャンしてしまう人の特徴

では、マッチングアプリでドタキャンしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか?

 

めんどくさがり・気分屋

暇つぶし目的でDine(ダイン)を利用している人は、当日になって会うことが面倒に感じ、デートをドタキャンすることがあります。

プロフィール文に「気分屋な性格です」という内容が書いてある場合、注意が必要です。

デートのときは、お互いの中間地点の場所で会うと、相手の負担を減らせます。

相手によって柔軟に対応しましょう。

 

会うのが怖くなった

Dine(ダイン)は少ないメッセージで手軽にデートできますが、中には「相手のことをよく知らないし、不安になってきた…」と会うことが怖くなる人もいます。

相手に不安感を抱かせないためには、プロフィール文をしっかりと書いたり、こまめにメッセージを送ったりすることが大切です。

デートを近い日程に調整することも、ドタキャン防止にも繋がりますので、オススメです。

 

仕事が忙しい

どうしてもドタキャンされたくない場合、仕事が忙しい人は避けたほうがいいでしょう。

接客業やサービス業、医療関係者などは、予定の時間通りに仕事が終わらない可能性があります。

予約時間に間に合わないことを理由にドタキャンされてしまう恐れがありますので、注意しましょう。

 

まとめ|Dineプロテクト導入でキャンセルが減った!ただしキャンセル料は請求される場合がある

Dine(ダイン)でドタキャンされたときのキャンセル料や当日の対処法などをご紹介しました。

  • ドタキャンされたら、店側はキャンセル料をユーザーに請求できる
  • キャンセル料は相手を誘ったユーザーが払う
  • ドタキャンされたら予約した店に連絡し、相手を通報する
  • Dineプロテクトを使用できる店を選び、デートを近い日程にすることが大切

Dineでドタキャンされた場合、店側はキャンセル料をユーザーに請求できます。

しかし、ドタキャンされてしまったとしても、キャンセル料は相手を誘った側が払わなくてはなりません。

ドタキャンを防ぐためには、Dineプロテクトを使用できる店を選び、デート日を近い日程に決めることが大切です。

ドタキャンされた場合のキャンセル料について理解し、慎重に行動しながらDineを楽しみましょう。

気分屋な人や仕事が忙しい人を避けて、デートを近い日程に調整することで、素敵な人に出会えるかもしれません!

複数使いおすすめ!厳選恋活最強パック!

【恋活最強パック】選定ポイント

  • 会員数最多のペアーズはまず押さえるべき!
  • 特殊な相性診断検索のできるwithは強い!
  • 他アプリで出会えないなら気軽で若いノリのタップルもおすすめ!
  • すれ違いシステムが唯一のクロスミーで思わぬ相手が見つかりやすい!
どのマッチングアプリがベストか迷う方に最適!»
診断してみる!
どのマッチングアプリがベストか迷う方に最適!»
診断してみる!