初詣 いつまで

初詣はいつまで行くのが正解なのでしょうか。

 

三が日は混雑が予想されるため、避けたい人もいるかもしれません。

 

また、初詣の意味や由来を知ることで、よりお参りを楽しめるでしょう。

 

そこで、初詣の意味や由来も含めて、初詣はいつまでに行くべきかまとめてみました。

初詣の意味と由来は!?

まずは、初詣の由来と意味から勉強していきましょう!

 

古くから日本には、「年籠り(としごもり、としこもり)」と呼ばれる風習がありました。

 

家長である一家の偉い人が、新年を平穏に暮らすために
大晦日の夜から元旦の朝に、氏神の社に籠もり祈願していたんです。

 

氏神の社は、今でいう神社のようなトコロです!

 

これを、年籠りといいます!

 

時を経て、元旦に詣でる「元旦詣」となり・・

 

これが、初詣の原型として今も風習として言い伝えられているんです。

 

江戸時代末期までは、「恵方詣り」と称されていて・・

 

たたり神が来ない方向の神社に行って、新年の挨拶が習慣とされていました。

 

しかし、明治時代には、好きな神社にお参りをするスタイルに変化していきました。

 

そして、現在みられるラフな初詣に形を変えていきました!

 

子供には、神様に会いに行くイベントと言えば伝わるんじゃないでしょうか!

 

また、喪中の方は、初詣に行くかどうか迷っている人もいると思います!

 

こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね!

 

喪中の初詣ってありなの!?おせちや厄払いの正しい方法は?

初詣にはいつまでに行けばいいの!?

次は、初詣に参拝する時期を見ていきましょう!

 

初詣の時期は、元旦派・三が日派など、話が錯綜していることが多いです。

 

本来、初詣にいつまでに行った方がいいなどの決まりはあるのでしょうか!

Sponsored Link




詳しく調べてみたところ、

 

現代の初詣は、松の内に行くのが目安になっています!

 

    <松の内>

    初詣の飾り・門松を祀っておく期間:1月7日までとされています

 

しかし、早く行った方がご利益がある気もしますよね。

 

話題にも乗り遅れないという意も込めて、元旦に初詣に行く人が多いそうです!

 

カップルで初詣を考えている人は、こんなデートプランも参考になるかもしれません!

 

初詣のデートプランは縁結びが鉄板!恋愛成就のおすすめコースは?

まとめ

初詣はいつまでに行くべきかをまとめてみました!

 

意味や由来も深いものがあり、理解が深まった人もいるかもしれません。

 

毎年この時期になると、初詣商戦で神社やお寺が賑わいますよね!

 

■初詣は氏神様から

 

初詣に参拝することで、ご利益を考える人も多いです。

 

いつも行かないという人も、家族や彼氏や彼女と行ってみてはいかがでしょうか?

 

初詣のデートの誘い方はコレでしょ!脈ありと脈なしの判断方法とは?

初詣のデートでモテる服ってあるの!?彼氏に好かれる法則とは?

 

誰と行くかによって、初詣の場所も変わるんだそうですよ!